動画 ~おもむき堂~ 神のきまぐれ
FC2ブログ

~おもむき堂~

趣味に走った日記です。何でもあったり、何にもなかったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神のきまぐれ

間の悪い人に誘われて、大手門にできたつけ麺の新店「慶史」の
プレオープンへ足を運ぶ。…が、いつも通りの展開に閉口。

IMG_2358.jpg

絶望に打ちひしがれ、途方に暮れた我々を優しく迎えてくれたのは
近くにある中華「珍萬21(ちんまんにじゅういち)」。
しかしこの店名、どうにかならんのか。笑

IMG_2360.jpg

こちらの激マスト「焼めし(550円)」は、
"素材にこだわりなんかないです!"と言い切る主人が
料理の腕、火力、味付けのセンスのみで構成した珠玉の逸品。

どう転んでも家では再現不可能なパラパラ感、独特の甘み。
その旨味は、レンゲの往復が肉眼で捉えきれなくなるほどの推進力を持つ。
さらに口の中でハフハフ言わせてるタイミングで、
一緒に出て来る鶏ガラスープをちょっと口に含む。
米の乾いた質感にジューシーで深みのあるコクがクロスフェードし、
それはもう××と××が合体したかのような高揚感。
"店名の由来はこの事なのか~?!"と勘違いしたまま完食に至る。
それにしても、家庭でも簡単に手に入る素材を
よくぞこの領域までいざなったものだ。
主人の腕に金メッキコーティングして光らせてあげたい。


素材はいいものを揃えれば、値段は上がるけど当たり前のように
美味いものが作れる。これはこの世の真である。
同じように、神懸かり的なセンスを持った人が
一流ホテルや超高級料理店で腕を振るう。これもまた真である。
しかしその定説を覆すかのように、一般大衆がフラリと足を運び、
かつ超一流コックがいることを味で体現している店、それが「珍萬21」。
これを"神のきまぐれ"と言わずして何とする。
未食のチャーハニストたちよ、刮目せよっ。
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/07(月) 15:08:01|
  2. 麺以外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神のきまぐれ、その翌日 | ホーム | ラースタリニューアル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://einsteinpb.blog129.fc2.com/tb.php/230-be62fa81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 BS blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。