動画 ~おもむき堂~ 家から5分で印度へ行けた
FC2ブログ

~おもむき堂~

趣味に走った日記です。何でもあったり、何にもなかったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家から5分で印度へ行けた

平尾「めんとく屋」の裏手にある「スパイスロード」のカレーをいただく。
S、M、L全て680円。ラッシー付き。貧乏性なので、ここはLをチョイス。

IMG_1799.jpg

店内には主人が旅して来たのであろうインドの風景写真がズラリ。
こりゃ相当本気やな、とすぐさま認識できるレベルの佇まい。

IMG_1796.jpg

この日はたまたま骨付きチキンのカレー。
"いつもは骨なしなんですよー、すいません"と謝る主人。
なんていい人だ。一瞬で心を鷲掴みにされた。

ちなみにここのルー。もう確実に本場ど真ん中の味わいであろう。
日本人向けの味わいに…なんて生易しいものではない。
確実にインドの人は脳髄に浮かぶタージマハルに郷愁できるであろうレベル。

なんというか、今まで食べたカレーを冠するものの中では
初めてな味わい、インパクト。

あっさり薄味なのに、恐ろしいほどにジワっとくる辛さ。
聞いたことないようなスパイスがどっさり入ってるんだろう。
食べてる最中に目の下のほお骨辺りから汗が吹き出て来る。
てかこんな場所に汗腺なんかあったんだ。
恐るべし、マジカレー。
ハヒハヒ言いながらむさぼる内に、意識がどんどん遠のいていく。
これが悟りの境地というものなのか、としばし勘違い。

ちなみにここの主人、みんなが寝静まった時間帯でないと
仕込みに集中できないらしく、ルーを作り始めるのは毎回
夜中の12時を過ぎてからだそう。
毎日のストイックなまでのこだわりが、
如実に味わいへ注ぎ込まれているのがわかる。

その完成品はどこまでも深く、厳しく、優しいものであった。

IMG_1797.jpg

メラメラと燃えたぎる体を鎮火させる魔法のドリンク、ラッシー。
ハッシュドポテトクラスの発明品と言っても過言ではない。
口中で暴れ回る辛さが、静かに去っていく様はもはや芸術の領域。

というかここまでこだわったものを食べさせてくれて、680円という値段設定は
ちょっともう慈善事業と呼んでもいいんじゃないかレベル。
カレー界のゴータマ・シッタルーダと呼ばせてもらおう。
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/28(火) 11:53:02|
  2. 麺以外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もうひとつの"じろう" | ホーム | 田舎の底力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://einsteinpb.blog129.fc2.com/tb.php/203-aa1b82d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 BS blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。