動画 ~おもむき堂~ 宮崎発カレー「ルウ」
FC2ブログ

~おもむき堂~

趣味に走った日記です。何でもあったり、何にもなかったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮崎発カレー「ルウ」

薬院駅から電気ビル側に歩いて行くと、路地の角に最近オープンした
「カレー倶楽部 ルウ」という店を発見。勢いで飛び込む。

IMG_1459.jpg

ホークスがリーグ優勝しただかのキャンペーンで、無料のコンソメスープを
出してくれた。ラッキー!しかもなかなか味わい深い。
これはメインも期待できそうだ。だんだん胸が高鳴り始める。
で、初見なのでメニューの中から一番期待値の高そうな
「炙りチーズカレー(780円)」をチョイス。
大盛りは+150円。辛さも選べる。今回は控えめに2辛(+30円)で。

IMG_1463.jpg

なんだこれ、すげー量。辛抱たまらずとびかかり、大きく開けた口へ放り込む。

…うん、初めてチーズとカレーを混ぜて食った人を、私は心から尊敬する。
これは小さな事のようでいて、人類にとっては限りなく大きな礎となる
勇気あるチャレンジであったと言える。チーズ&カレーの第一発見者も、
トロットロのチーズと濃厚なルーが一体となった瞬間、この世界に広がる
味の歴史が大きく動き始めた音を聞いたことであろう。

さらにこの店、炙りを加えることでチーズのところどころが"パリッ"とした食感に。
つまり、焼きカレーの美味しいところを見事に抽出しているのである。
この果てしなく強い味の衝撃を受けた私の意識は、多分ジャカルタらへんまで飛んでいた。
ご飯との相性もバッチリすぎる。あんたら、とってもお似合いだよ!

この世に存在するルーは"スープカレー"と"お家のこってりカレー"の2種類に分類される。
今回の店は後者のこってりルー。つまり"家でも作れるんだろうなぁ"っていう
意識が食う側には少しはあるものだ。しかし今回、その高いハードルを見事飛び越え、
確かな"ぶっちぎり感"を与えてくれた「カレー倶楽部 ルウ」。
これを感動と言わずして何と言う。

スープのツナパハ、家系のカレー倶楽部 ルウ。
お互い比べることはできないが、福岡を代表する神カレー店として
地球滅亡のその日まで末永く生き残ってほしいものである。
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/25(月) 19:12:51|
  2. 麺以外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人生初住吉亭 | ホーム | 鶴と亀と部屋とYシャツと(略>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://einsteinpb.blog129.fc2.com/tb.php/174-f24810af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 BS blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。